車の燃費問題について考え直してみる

今年になり、日本のメーカーでも燃費問題が飛び火し、経済事件となりそうです。日本の燃費測定方法は、JC08モードや、10・15モードなど室内で行われるケースが多くあり、実燃費とのかい離が大きすぎるとの指摘があります。実際の燃費と比べて、40%くらい違うものもあるそうです。
軽自動車メーカーの燃費問題では、予算不足や、偽装が常態化している実態などもあり、本当の燃費について、国もしっかり検査してこなかったことも問題視されています。

ユーザーにとっては、燃費はランニングコストとを考えるうえで、重要な問題なうえガソリン代高騰を考えると、シビアになってきます。
近年の燃費競争の裏には、技術の限界や、車の形状問題や、排ガス規制問題も多くあるようです。

もともと燃費問題の原因は、排ガス規制を不正ソフトでクリアしていたメーカー問題があり、日本でもいくつかの車種で疑惑がもたれているようで、この問題の測定で、燃費も問題ありとのニュースで大きな問題化したようです。

日本の軽自動車を見る限り、燃費の数字はすごいのですが、車内空間を大きく確保したため、車体の風力抵抗も大きく感じ、燃費に対して疑義を感じるものが多いです。
エンジンだけの進化で、はたしてこんなに燃費が良くなるかも大きな問題で、ハイブリットやエンジンが極端な進化をしない限り、リッター30キロなどの実燃費はありえないと思います。
自動車の世界でも、電気自動車と自動運転がかなり進化していて、値段が高いものの、走行可能距離も伸びていて、ガソリンエンジンに対して、将来の環境問題を考えると、この事件も電気自動車の普及には、いいきっけけかもしせん。

トヨタのパッソの興味があります

現在、ダイハツのエッセに乗っています。9年ほど前に購入したものです。そして、走行距離も長くなり、そろそろ買い換えてもいいかなあと思っています。そして、新車に関する情報を探しています。

また、新しい車が発売されるたびに、つい、興味を持って調べてしまいます。アルトの新型が発売された時には、エッセと同じような車体の大きさだと思い、次はこれがいいかなあと考えてしまいました。また、三菱の新型のミラージュやスズキのイグニスが発表された際にも、興味を持ったのでした。ただ、この二つについては、もう少しお金が貯まってからにしたいと思ったのでした。
そんなわたしが、トヨタの新しいパッソの広告をみた時には、思わず興味を持ってしまいました。

まず、小回りが利いて、運転がしやすそうだと思いました。また、車内空間は、意外にも広そうだと思いました。そして、デザインもしゃれています。その上、価格も手ごろだと思いました。そのため、この車ならば、買っても間違いがないと思ったのでした。
結局、パッソの実車をみてみるとか、カタログを取り寄せるとかいったことはしていませんが、次の車として、有力な候補になったことは間違いありません。

9年間も軽自動車のエッセに乗っているので、どちらかといえば、小型車に乗ったほうがいいと思っています。そして、できれば、軽自動車ではなく、普通車がいいのです。こういった気持ちに大いに応えてくれる車として、パッソは魅力的だと思うのです。

父の形見のカムリグラシア

車について形見とは少し表現がおかしいかもしれないですが、心境としては今私が所有している車はタイトルのような感じです。私はカムリグラシアに乗っていますがかれこれ初度登録から17年以上経過しました。父がこだわってカーナビやテレビなどをつけていたのですが、急な別れが訪れ、私が引き継ぐことになりました。

引き継いでから5年以上経過します。窓の開閉が故障して運転席しか空きませんし、見るからに古いですし、燃費も決してよくありません。住まいの周辺でも新しい車ばかりが目について乗り続けるのもやや恥ずかしい外観です。しかし、なかなか手放すことができずにいます。父が愛着を込めて乗っていたというのが一番大きいですが、この車、運転がとてもしやすくて乗り心地も悪くないんです。昔の車ですが、エンジンがしっかりしているのか、エンジン部分で故障したことがありません。そしてアクセルを踏み込んでから、発信するまでが滑らかで音も大きくないです。私は車には詳しくないですが、当時のそこそこの高級車だったのかと思うこともあります。このカムリグラシアで時折、近場の温泉などに出向きます。

古いですけど、何の問題もなく、けっこうよく走ります。この5年の間に震災も起きましたが、あの混乱期のときから大活躍でした。次の車検がくるときにその先も持つかどうかを考えますが、これだけ父の代から愛着を持って乗れていることに感謝です。私はこの車でのご縁から、メーカーはトヨタが一番好きです。すっかり壊れにくくてしっかりと作るメーカーというイメージができあがっています。

車を持つ環境について

好きな車はクーペタイプの車である。
いわゆる、イニシャルDを読んで育ったので、走りやといわれる人たちが乗る車に憧れがある。
しかしながら、現在はコンパクトカーに乗っている。現実は厳しいものである。
独身時代は、クーペに憧れはあったが、いろいろと手を入れるとコストがかかってしまうため、
手を入れなくても、走りがよいヨーロッパ者のスポーツタイプハッチバックを乗り継いでいた。
ステアリングをきる度に「キュッキュッ」と曲がっていく感覚が好きで同クラスの日本車にはないものだった。
現在では、結婚をしてデミオに乗っている。

購入の決め手となったのは、
・AT車であること。
・維持費が安いこと。
・燃費がいいこと。
の三つである。独身時代はずっと自分が所有する車は自分しか運転をしないためMT車に乗っていたのだが、
妻のことを考えるとMTではだめで、AT車になっている。

また、生活をしていくようになり、燃費や保険車検などの維持費ができるだけ安いことで車を選んだ。
実際に生活をしてみると、妻はぜんぜん運転をせずいつも助手席に座っている。
MT車でよかったと思うこともあるが、子供ができたらと考えるとやはり、AT車だなと思っている。
精々軽自動車にしなかっただけ、自分の走ることが好きな自分のプライドが守られたというところか。

少し前にトヨタAE86がターゲットの若者層ではなく、50代に売れているという記事を読んだことがあるが、
人馬一体いや車一体というように、走りに快感を求められる車を所有できる環境をつくるように夢を持って、
日々の生活をすごして生きたいと思う。
その時代にはすべて車が自動運転になっていないことを願う。

こういう車に乗ってみたい(チューニングカー編)

AMSパフォーマンスというメーカーをご存知だろうか?

アメリカのシカゴを本拠地にしているチューニングメーカーなのだが、こちらで改造された日産GT-Rをベースとした「ALPHA 12」が、とてつもない車であると話題になっている。

3.8リッターの純正エンジンは4.0リッターへとボアアップされ、ターボチャージャーもAMSのオリジナルを搭載、吸排気など、細かい部分にまで手を入れられたこの車の出力は1115ps、最大トルク124kgmにもなる。

もちろんこれは、一般的なガソリンを使った時の性能である。レース用のガソリンを使用すると、出力は約1521ps、最大トルク145kgmという驚きの数字を叩き出す。

0-100km/h加速は2.48秒

この数字がどれほどすごいかと言うと、市販車では最高とされているブガッティ「ヴェイロン16.4」の0-100km/h加速が2.5秒である事からもうなずける。

だが、この車にはもう一つ驚くべき点がある。

それは、サーキットだけでなく「公道で走らせる事ができる」という点だ。

それに加え、インテリアを犠牲にしていない点も大きい。

普通のチューニングカーなら、内装をレース用に改造するため、純正からは程遠い見た目になってしまいがちだが、ALPHA 12に関して言えば、エアバッグ、本皮シート、そしてオートエアコンといった快適な設備も充実している。

つまり、燃費という面をクリアする事ができれば、この怪物を誰でも乗る事ができるのだ。

パワーのある車を探しているのなら、こういったチューニングカーに注目してみてはいかがだろうか?